左手なのにト音記号!?この楽譜の読み方は?

こんにちは。
ピアノ講師の“やまもりのくま”です♪

ピアノ初心者の方に向けて、
楽譜の読み方を解説しています。

 

今日は。

「え?左手なのになんで右手???」

 

・・・これで分かります?

分かったあなたにはドンピシャな記事!

 

ということで、本日も参りましょう!
楽譜の「?」を「!」に♪

左手なの?右手なの?
左手なのにト音記号ってどういうことー!?

心の叫びが(笑)

 

えぇ。
そうなんです。

 

一生懸命右手の読み方を覚え、
やっと読めるようになったかと思ったら
左手で苦戦して。

 

それでもやっとこさ読めるようになり、

「さぁ!これで楽譜が読めるようになった!」

と思ったその瞬間。

 

これですよ。↓

ナニコレ。
何で右手が2つなの???

 

ね。

どう読めばいいのか・・・
というか、そもそもどういうことなのか???

 

一人で練習していると、
こういうちょっとした疑問、
なんとなくうやむやにしたまま進んでませんか?

 

レッスンに来ている方でも、
ここで詰まって、全然違う音で練習してきちゃうこと、あります。

大丈夫、あなただけではありません。

右手≠ト音記号、左手≠ヘ音記号

この問題の本質は、

「楽譜の構造そのものをよく分かってない」

ことにあります。

 

そもそも、ト音記号ト音記号(右手でよく使われる記号)や
ヘ音記号ヘ音記号(左手でよく使われる記号)とは何なのでしょうか?

 

詳しくはこちらでお話しているので、ザックリまとめると、

どちらも「ある1音」を表している記号で、
「音の高さを決めるための記号でしかない」ということ。

 

ト音記号やヘ音記号は、

ただの5本の線を
「五線譜」という「楽譜」に変える
非常に重要な記号ではありますが、

「右手で弾くか」「左手で弾くか」を表しているわけではない
ということです。

 

幼少期などは、

「ト音記号は右手の記号♪」
「ヘ音記号は左手の記号だよ~♪」

なんて教えられた方もおられるかと思いますが、

 

正しく言えば、それは間違い。

 

ただ「ト音記号=右手、ヘ音記号=左手」は、
幼少期やピアノ習いたての時に限り、
ある意味正解なんです。

 

なぜなら、
ピアノ習いたての、あの大きな楽譜を目にしている間は、
そういう楽譜しか弾かないからです。

 

逆に言うと、
星の数ほどある楽譜の中から

ト音記号=右手、ヘ音記号=左手の楽譜のみを
選択し、練習している、ということ。

 

でも、それではもっと難しい楽譜に出会ったとき、対処できない。

だって、そもそも楽譜とはそういうものではないからです。

右手=上段、左手=下段

さて、
ト音記号やヘ音記号が、
それぞれ右手や左手を表しているわけではない、
ということはご理解いただけたかと思います。

 

では、
「右手で弾く」
「左手で弾く」
を表しているのは一体どこでしょうか?

 

それは、実は記号でもなんでもなく、
「楽譜」そのものにあります。

 

私たちピアノを弾く人がよく目にする、こちらの楽譜。

大譜表、楽譜

五線譜(5本の線の楽譜)が上下段あるこの形を
「大譜表(だいふひょう)」
と言うのですが。

この大譜表の「形」そのものが、
「どちらの手で弾くのか」を表しています。

 

つまり。

この大譜表の

・上の五線譜=右手
・下の五線譜=左手

なんです。

ピアノ譜における右手と左手

 

左側にある記号が
ト音記号だろうが、ヘ音記号だろうが、関係なし。

上段に書いてあれば右手
下段に書いてあれば左手

で弾けばよいのです。
(※特別に記載がある場合を除く)

左手なのにト音記号?その答えは・・・

では、冒頭のこの楽譜。

どう読み取り、どう弾けばよいでしょうか?

 

補足ですが、
ト音記号ト音記号は「高音部譜表」とも呼ばれ、
主に高い音を表すときに使われる記号になります。
ピアノの鍵盤で言うと、真ん中のドより右側をよく弾く場合に使われます。

 

ヘ音記号ヘ音記号は「低音部譜表」とも呼ばれ、
主に低い音を表すときに使われます。
ピアノの鍵盤で言うと、真ん中のドより左側を弾く場合ですね。

 

と、いうことは。

 

この楽譜は

上段=右手→ト音記号(真ん中のドより右側)
下段=左手→ト音記号(真ん中のドより右側)

と読み取ることができます。

右手も左手も、高い音を弾いてね、ということです。

 

もちろん、音の高さの読み方も、
右手も左手も
「下から2番目の線上に書かれた音をソ」として
読み進めていきます。

 

ちなみに、この逆バージョン↓

も、もちろんあります。

 

こちらの場合は、両手ともヘ音記号で書いてありますので、
右手も左手も低い音を弾いてね、ということになります。

(どちらの手も、下から4番目の線上の音をファと読みます。
詳しくはこちら

 

そして更に更に!
こんな楽譜もあります。↓

ウソじゃないです(笑)

 

こんな風に、

右手(上段)→ヘ音記号(低い音域)
左手(下段)→ト音記号(高い音域)

になっている場合は、
大体、手をクロスさせて弾く時です。

曲によっては、こんな書き方をしている楽譜もある、ということ。

 

右手か左手か

ト音記号かヘ音記号

は別!!

ということがお分かりいただけたでしょうか?

今日のまとめ

こう見ていくと、
「なぁんだ、そんなことかぁ」
と思ってしまうようなことなのですが、

初めて目にしたときは
「え?どういうこと?」
と戸惑いやすいことでもあります。

 

大事なのは、「楽譜」の本来の姿を知ることです。

 

ということで、本日のまとめはこちら♪

・右手=上段、左手=下段
・左手にト音記号、右手にヘ音記号が書かれることもある
・それぞれの五線譜の左側に書いてある記号(ト音記号かヘ音記号)に従って、音の高さを読んでいく

です♪

少しでも楽譜を読む参考になれば幸いです(^^)

 

ブログランキングに参加しています(^^)
ポチっとしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

Twitterでフォローしよう