音符にある点「・」どう弾くの?スタッカートと付点について

こんにちは。
ピアノ講師の“やまもりのくま”です♪

ピアノ初心者の方に向けて
楽譜の読み方を解説しています。

 

今まで音符休符の読み方について見てきましたが、今日はそれらの周りにある、いろいろな「点」について見ていきます。

 

楽譜をよくよく見ると、音符のあちこちに「・」がついていることがあります。

古い楽譜だと「印刷ミスかな?」と思うような点もありますが、基本的に音符や休符の周りにある「・」には意味があります。

 

ポイントは、その位置

 

ものすっごーく簡単に言ってしまうと、

上下の「・」=切る

右の「・」=伸ばす

です。

 

似たような「・」でも、その位置によって真逆の意味になります。

 

これらの「・」は、音楽に動きをもたらす大事な記号。

この2種類の「・」を見極められ、かつ弾き方がわかるようになることで、楽譜に対する不安はかなり減ります。

 

「楽譜を読む」という行為で大きなウェイトを占めているのは、「音の高さ」と「音の長さ」がわかるようになる、ということ。

 

これらの「・」は、実際に弾く音の長さに影響を与えている記号なので、

あなたがお持ちのその楽譜を「楽譜通りに、正確に弾きたい!」と思われるのであれば、絶対に知っておかなければならないお話。

 

そしてこのページを最後まで読んでいただければ、この2種類の「・」の意味を理解でき、「・」のある音符をどう弾いたらいいのかがわかるようになります♪

 

ということで、今日は楽譜にある2種類の「・」について、それぞれ

    • 記号の名前
    • 記号の意味
    • 実際に弾く長さ

を、具体例を交えながら見ていきます。

音符の上下にある「・」=短く切る

まずは音符の“上や下”にある「・」。

スタッカート

スタッカート

これらの「・」はスタッカートと呼ばれます。
音符の上に付いていても、下に付いていても同じ意味。
“たま”や音符自体の位置で使い分けられています。

 

スタッカートの意味は「その音を短く切る」。

 

「短くって…一体どのくらい?」と思われるかもしれませんが、実はおおよその目安があります。

基本的にスタッカートのついた音は、
その音の半分の長さ」で弾くことが多いです。

 

例えば、先ほどのように四分音符にスタッカートが付いていた場合。
スタッカートの付いた四分音符

 

頭の中では、まず四分音符を八分音符の長さに置き換えます。
スタッカートの付いた四分音符の弾き方

 

四分音符は八分音符2つ分の長さなので、四分音符を八分音符に置き換えると、八分音符がもう1つ分余ります。
スタッカートの付いた四分音符の弾き方1-2

 

そこはどうするのかと言うと、同じ長さの「休符」に置き換えます。
今回の場合は八分休符にする、ということです。
スタッカートの付いた四分音符の弾き方2

 

「スタッカート=短く切る」ことは頭に入っていても、残りの部分が「休符になる」ということがよく分かっていないと、どんどん前のめりな演奏になってしまいます。

ここでも「休符=間を取る」ことが大事になってきます。

スタッカートと短い音符との違い

スタッカートの基本的な考え方としては、「半分の音符&半分の休符」です。

では実際に

  • スタッカートのない四分音符
  • スタッカートの付いた四分音符
  • 八分音符と八分休符

の3パターンを聞き比べてみてください。
https://youtu.be/wumIYjrEVRM

上の動画のように、基本的には
「スタッカートが付いた音」と「半分の音符&半分の休符で書いた音」は、結果として弾く長さが同じになります。

 

「それなら最初から弾いてほしい音の長さで書けばいいのでは?」と思われるかもしれません。
その方が分かりやすいですし、弾く方も迷わなくてすみます。
わざわざスタッカートで書く理由が見当たりませんよね^^;

 

ですが、本来スタッカートが示しているのは、その音の長さではありません。

音楽の分類では、スタッカートは「奏法記号」と呼ばれ、音符だけでは表せない細かな演奏方法を伝える記号の仲間です。

スタッカートは「短く切るという奏法」を示している記号。
そもそも、音の長さを表している記号ではないのです。

 

そして重要なのは、その指示された奏法で演奏することで
あなたは何を伝えたいのか、ということ。

その背景にある作曲者や編曲者の意図を汲みながら、です。

 

つまり、ただ単に「短く切って弾く」ことが目的ではなく、

楽譜を書いた人が

例えば・・・
  • ボールが弾む様子
  • ポツポツとした雨粒の音
  • 楽しさ(ウキウキ感)
  • 緊張感
  • 可愛らしさ

などの、
音が表すイメージを「スタッカート」という記号を用いて表現している、と捉え、

スタッカートが付いた音をそのイメージに合った「短さ」で演奏することが大切になってきます。

 

個人的には奏法記号というよりも、表現のための記号だと思っています。

 

その音にどうしてスタッカートが付いているのか、
その音にスタッカートが付いていることにどのような意味があるのか、
その音をスタッカートで弾くと何を表すことができるのか。

そして・・・あなたはその音をどのように弾きたいのか。

 

最初のころは「切って弾く」だけで精一杯かもしれませんが、
最終的には「スタッカート」という奏法のみにとらわれず、その先の表現へとつなげていってほしいと思います。

スタッカートの特徴

先ほど、スタッカートの弾き方の目安として「半分の音符&半分の休符」とお話しましたが、
実際に弾く際には同じ長さの音符にスタッカートが付いていても、微妙に長さが違うことがあります。

(記号としてはっきりと「スタッカートより短いor長い」記号も存在しますが、同じ長さの音符に付いたスタッカートであっても、必ずしも同じ長さで弾くとは限りません)

 

音符の部分が半分より短くなれば、休符の部分が長くなり、
音符の部分が半分より長くなれば、休符の部分が短くなります。

合計してスタッカートが付いている音符の長さになればよいです。

 

しかし、どちらにしろスタッカートは「短い音」を求めているので、基本的に四分音符より短い音にしか付きません。

それから、スタッカートは休符には用いられません

この2点は、この後出てくる「付点」との大きな違いです。

 

ブログランキングに参加しています(^^)
ポチっとしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

Twitterでフォローしよう