この音符は何秒伸ばすの?音符の名前と音の長さの読み方

こんにちは。
ピアノ講師の“やまもりのくま”です♪

ピアノ初心者の方に向けて
楽譜の読み方を解説しています。

 

これまでに、音符は「音の高さ」と「音の長さ」を同時に表したものであること、
そしてその中の「音の高さ」についてお話をしてきました。

 

今日からは「音の長さ」についてお話していきます。
音の高さは“たま”の位置でしたが、音の長さは“音符の形”で表します。

音の長さって?

音符の形について見ていく前に、
音の長さを理解する上で何よりも大切なことをお話します。

 

それは、
『音符の形(音の長さ)は比を表している』ということです。

 

時々、「この音符は何秒伸ばすの?」と質問を受けます。

しかし、音楽は「秒」では数えません。
「拍(はく)」という音楽の単位で表します。

 

この「拍」や「リズム」を理解するためには「音の長さ」の理解が必須ですが、
そのためには「正しい音の長さの考え方」を知っておく必要があります。

 

ある音符を1とすると、他の音符はどのくらい伸ばすことになるのか。
その相関関係を示しているのが「音符の形」です。

ある音符が決まった長さ(秒)を表しているわけではない、ということです。

 

音符の表す長さが秒ではないからこそ、
1つの楽譜でもテンポ(速さ)をゆっくり、あるいは速く演奏することができます。

逆に言えば、曲のテンポが決まれば音符の「秒数」が決まります。
ただし、先ほども言ったように音楽は「拍」で数えるので
実際に何秒伸ばしているか、を意識することはありません。

 

この「音の長さは比を表している」ということを念頭に置いて、この先を読み進めてください。

●に| = 四分(しぶ)音符

まずはこの音符の形から。
“たま”の部分が黒で、それに“ぼう”を付けたこの形を
「四分音符(しぶおんぷ)」と言います。

四分音符

四分音符

正式には、たまは符頭(ふとう)、ぼうは符尾(ふび)と言います。

 

“たま”が第2間より下のときは、“ぼう”を上向きで‟たま”の右側に、
“たま”が第3線より上のときは、“ぼう”を下向きで‟たま”の左側に付けます。
高い音と低い音の書き方
これは、“ぼう”が付いている音符の、基本的な書き方です。

また、「加線」の高さの音符でも同じように書きます。
加線上の四分音符の書き方
“ぼう”が右側でも左側でも、パーツが同じなので「四分音符」。
どちらも同じ長さを表します。

見やすさのために”ぼう”の位置を変えているだけです。

 

とりあえず、この四分音符を基準(比が1)として
他の音符の長さを見ていきます。

◯に| = 二分(にぶ)音符

次はこの音符。

二分音符

二分音符

四分音符に似ていますが、“たま”の部分が白いですね。
この白丸に“ぼう”が付いた形を「二分音符(にぶおんぷ)」と言います。

 

これも“ぼう”が付いた音符なので、
“ぼう”が右側にあったり左側にあったりします。
二分音符の書き方
どちらも伸ばす長さは一緒です。
そして四分音符同様、加線上で使われることもあります。

 

先ほどの四分音符の長さを1とすると、
この二分音符は2になります。
四分音符と二分音符の長さ
もちろん「比」なので、四分音符の長さが長くなれば
それに伴い、二分音符の長さも長くなります。

●に|に“はた” = 八分(はちぶ)音符

次は四分音符に“はた”が付いた形。

八分音符

八分音符

“はた”とは、右側にクイッと出ているやつです。
正式には符鉤(ふこう)と言います。

四分音符と似ていますが、これは別の長さを示す音符で
「八分音符(はちぶおんぷ)」と言います。

 

これも“ぼう”の付いている音符なので
右側(上向き)や左側(下向き)に“ぼう”が付きます。
八分音符の書き方

 

更にこの八分音符の“はた”は、‟ぼう”の右側に書きます。
“ぼう”が上向きでも下向きでもです。
音符のはたの書き方
ぼうが上向きの場合は、上から下へ向かってクイッと。
ぼうが下向きの場合は、下から上に向かってクイッと。

そっくり上下反転させても同じ形にはなりませんが、
“たま”が黒くて“ぼう”があって“はた”が1本ある、というのがこの八分音符の特長です。
この音符も他の音符同様、加線上でも使われます。

 

ちなみに、“はた”のある音符が2つ以上続くときは、
横につなげて表すことが多いです。
ピアノの楽譜でもよく使われる書き方です。
はたがつながった八分音符

そして八分音符は、最初に出た四分音符の半分の長さを表しています。
四分音符と八分音符の長さの比
そして「比」なので
四分音符の長さが変われば、八分音符の長さも変わります。

音の長さの比較

今までに3種類の音符の形を見てきました。
ここでまず、これらの音の長さの関係性を確認します。
音の長さの比較
四分音符の長さを基準にすると、二分音符は2倍、八分音符は半分です。

例えば、八分音符を基準にすると、
四分音符は2倍、二分音符は4倍の長さになります。

二分音符を基準にすると、
四分音符は半分、八分音符は1/4の長さです。

 

この『比』という考え方が、「音符の形」が本来持っている意味です。

○のみ = 全音符

さて、よく使う3種類の音符の形を見てきましたが、
まだ他にもあります。

音の高さのページでも使われていた、○のみの音符。

全音符

全音符

この音符の形を「全音符(ぜんおんぷ)」と言います。
全音符も五線内だけでなく、加線上でも使われます。

 

四分音符を1とすると、全音符は4つ分伸ばします。
四分音符と全音符の長さの違い

 

この全音符、実はすべての音符の始まりとなっている音符です。

なぜ私がそんなことを言い切れるのかというと、
「音符の名前」がそのことを教えてくれているから。

 

全音符を元に、
全音符を2つに分けた長さを二分音符、
全音符を4つに分けた長さを四分音符、
全音符を8つに分けた長さを八分音符・・・というように名前が付いています。

感覚的に、数字が小さいと短い音符のように感じてしまうのですが
(実際に生徒さんが名前と形をよく間違えます)
数字が小さいほど長い音符だったのには、こういうワケがあったからです。

漢字がうまく音符の意味を表していますね。

 

よく、音楽の本などで見かけるこの図は
「この音符の長さを半分にすると、下の形の音符になる」ということを表しています。
下に行くほど、音符の形が複雑になるのがわかります。
音の長さの相関図

 

しかし、見方を変えると「全音符をいくつに分けているか」ということもわかります。
横一列が全音符1つ分。
その長さの中に、それぞれの音符はいくつ入るのか、がわかります。

それぞれ名前の数字分、音符がありますね(^^)
音の長さの相関図

 

ただ、音の長さの『比』に関しては、全音符を基準にすると
二分の一、四分の一・・・と他の音符がすべて1未満になり、
わかりにくくなってしまうので
今回は四分音符を基準としています。

●に|に‟はた”×2 = 十六分(じゅうろくぶ)音符

最後にこの音符。

16分音符

十六分音符

先ほどの図の一番下にも出てきましたが、
八分音符の形にもう1本‟はた”を増やした形を
「十六分音符(じゅうろくぶおんぷ)」と言います。

先ほどの図の一番下の音符ですね。
そしてお分かりの通り、全音符を16個に分けた長さになります。

 

この音符は‟ぼう”の付いている音符なので、
四分音符や八分音符のように‟たま”の位置で‟ぼう”が書かれる場所が変わります。
16分音符の高い音と低い音の書き方
そしてもちろん、加線上でも使われる音符です。

 

この16分音符も2つ以上あればつながることができます。
8分音符などの‟はた”のある違う長さの音符と
つなげて表されることもあります。
8分音符と16分音符
‟はた”が何本あるか、をよく見るのがポイントです(^^)

 

ちなみに、‟はた”が多くなればその分短い音符を表します。
1本より2本、2本より3本の方が短い音符です。
名前も、8、16、32、64・・・と数が増えていきます。

ピアノで使うのは32分音符くらいまでです。
64分音符以上はあまり見かけません。
そして一般的に使われるのは16分音符までかな、と思います。

 

また、この‟つながったはた”が音符の上にあるか下にあるかは
音の高さによるのですが、

場合によっては第3線より上の音でも‟はた”が上のこともありますし、
第2間より下の音でも下にあることもあります。
前後の音の高さにより決まります。
はたがつながった音符

 

そして最後に、音の長さ。

全音符のところの図で大体お分かりかと思いますが、
十六分音符は、八分音符の半分の長さになるので
四分音符から見ると1/4(0.25)の長さになります。
四分音符と十六分音符の長さの比
音符の形が表す、相対的な長さを感じていただけたでしょうか。

音符の長さのまとめ

音符の形は音の長さの『比』を表している

このことが何より大事なことです。

 

そして今日お話しした5つの音符の長さをまとめました。
音の長さ

次はこの音の長さの理解を元に、
音のない時間の表し方、「休符(きゅうふ)」についてです(^^)

 

ブログランキングに参加しています(^^)
ポチっとしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

Twitterでフォローしよう