当サイトはプロモーションを利用しています
「風を切って」のドレミ付き楽譜と音取り練習用動画
スポンサーリンク

こんにちは、やまもりのくまです。

ピアノ歴30年の元中学校教員です。

小学校の教科書に掲載されている曲のドレミ付き楽譜や、ドレミ付き音取り練習用動画を作成しています。

 

今日は6年生の教科書に載っている「風を切って」

土肥武作詞、橋本祥路作曲。

「氷河に消えた」という何とも印象的な歌詞で終わるあの曲です。

 

この曲、まだドレミ付き楽譜は完成していないのですが、この度、ドレミ付き音取り練習用動画が完成しました!!

(楽譜も完成次第こちらのページでお知らせしますね!)

 

ということで、こちらで動画のご紹介をさせていただきますね。

「風を切って」のパート別ドレミ楽譜付き動画

私が作る動画は「模範演奏用」ではなく、あくまでも「練習用」にこだわっています。

模範演奏なら教科書に付属のCDを聞いたらいいよな、と思うんです。

でも私たちが知りたいのはそこじゃないですよね。

 

「子どもたちが練習するためにはどのような形がいいか」を考えて作っているので、テンポは教科書の指示テンポよりゆっくりめです。

ピアノでパートの音取りをするように、ピアノの音を流しながらドレミで歌ったものを同時に流す。

そして楽譜上で「今どこ!?」と悩むことがないように、楽譜で位置を示しています。

「風を切って」①パートのみのドレミ付き練習用動画

パート①は、高音の多いパートです。

動画のサンプルはこちらです。

時々出てくるスタッカートがかっこいいですよね。

 

「風を切って」②パートのみのドレミ付き音取り練習用動画

パート②は、この曲のメロディーです。

歌詞も付いていますよね。

こちらの動画では楽器で演奏しやすいように歌詞を省き、ドレミを付けています。

 

「風を切って」③パートのみのドレミ付き音取り練習用動画

パート③は、八分音符(♪)でずっと動く伴奏パートです。

前半の和音(重音)の部分は、小節の最初だけドレミの歌を入れています。

 

また、③パートは鍵盤楽器などで演奏するかなと思いますので、動画の下の方で鍵盤でもドレミの位置がわかるようにしています。

(※鍵盤の赤い「ド」が「中央ド」になります。)

 

「風を切って」④パートのみのドレミ付き音取り練習用動画

パート④からはヘ音記号です。

ヘ音記号だというだけで、ぐっとハードルが上がりますよね・・・。

④と⑤パートは1つの五線譜に書いてありますが、大体上の位置に書いてあるのが④パート、下のほうが⑤パートになります。

厳密にいうと、音符から出ている「ぼう」が上を向いている音が上パート(④)です。

 

④は、2音を長く弾くパートです。

ドレミの歌をどう入れようかなぁと迷ったのですが、「このパートをピアノで弾く子に指導するなら、どう歌うだろう?」という風に考えてドレミを入れました。

子どもたちにはこの歌が少々気になるようですが・・・(^^;

ないと分かりにくいしなぁと思ってます・・・難しいです・・・。

いい案があれば教えてください(^^)

 

(※鍵盤のドレミは、ヘ音記号用にしているのでーがついていますが、赤い「ド」が「中央ド」です)

「風を切って」⑤パートのみのドレミ付き音取り練習用動画

パート⑤はベースです。④のパートよりさらに1オクターブ低くなります。

この⑤パート、結構幅広く動くんですよね。

音数はあまり多くありませんが、ドレミやちょっとしたリズムが難しく感じるかもしれません。

 

(※ドレミはよく使う音域(低い音域)に合わせて書いています)

スポンサーリンク

「風を切って」のドレミ付き音取り練習用動画を手に入れるには

上の動画を見ていただくとわかるのですが、どれも途中までの公開としております。

これら5つのパートのフルバージョンは、有料にてご提供する予定です。

 

が。

 

私も作ったばかりで(実際に学校現場で使って効果は実証済みですが)、どのような方にこの動画が必要とされているのかや、「このような動画があるんだ!」「使ってみたらこんな感じになったよ!」などの「声」をいただければと思っています。

 

そこで、2023年12月31日までは、以下のアンケートフォームにお答えいただければ【無料】にて動画のフルバージョンをお送りします。

ご確認ください!
下記のフォームから楽譜や動画をご請求いただきました場合でも、
・メールアドレスが間違っている
・受信拒否されている
場合には楽譜や動画をお届けすることができません。また、お届けしたメールが「迷惑メールフォルダ」に入っている場合もあります。
2023年11月30日現在までにご請求いただきましたものに関しては全て対応済みでありますが、お送りできなかったアドレスもあります。一度ご請求いただきました場合でも、今一度正しいメールアドレス、またはGmailやyahooメールなどのフリーアドレスで、再度ご登録くださいませ。
お問い合わせからでも大丈夫です。
お手数をおかけして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

ご回答、お待ちしております(^^)

(2024年以降の価格は今のところ未定です)

さいごに

ここまで、「風を切って」のパート別音取り練習用動画についてみてきました。

アンケートにご記入いただき、ぜひ練習にご活用くださいね(^^)

小学校のリコーダーや器楽の授業のためのドレミ楽譜や動画一覧

※この記事を読んでのご感想や

気になったことなどは、お気軽に

こちらまでご連絡をいただけると嬉しいですm(*_ _)m

 

ブログランキングに参加しています(^^)
ポチっとしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう