小学校のリコーダー授業で使える子どもが楽しめる楽譜特集!

こんにちは(*^^*)

実は元中学校教諭の、やまもりのくまです。

 

私自身も学校現場で働いていましたが、主人も現役の小学校教諭なんですよ。

 

そこで、

「小学生が楽しんでできるリコーダー曲、ない?」

と言われまして…。

 

小学生が楽しめるリコーダー曲ってどんなだ!?と掘り下げると、

●小学生が知ってる曲
●身近なフレーズ
●その時の流行りの曲で、かつソプラノリコーダーで吹ける曲

みたいなのかな、と。

 

子どもが知っている曲であれば、一番苦労する「リズム」を教えなくても、音の高ささえ分かればどうにかなります!

 

加えて、

「レベル別がいいな(ノ≧ڡ≦)☆」

というご要望でしたので、

レベルが上がれば、少しずつ使う音が増えたり、指使いが難しくなるように設定しました。

全部で10段階(+おまけ)あります。

 

すでに、実際に主人が学校で使用していて、子どもたちに好評だそうです♪

親御さんも知っている曲なので、親子の会話のネタにもなっているそうですよ(^^)

 

楽譜と音源を付けていますので、良かったらご活用ください♪

★楽譜はすべての音にドレミをふってあります。
★PDFですので、そのまま印刷してお使いください。
★音源はピアノの音になります。

 

♪ ありがとうございます!

この度、ナミ子さんが「呼び込み君」をリコーダーで吹いてくださいました!
しかもピアノ伴奏付き(≧▽≦)
是非お手本動画としてご活用ください♪

 

 

♪ ありがとうございます!

この度、ソラシドさんがウクレレで当ページの楽譜を演奏してくださいました!
(「呼び込み君」と「明治チョコレート」です)
なんと、ウクレレとソプラノリコーダーの音域はほぼ同じ!
同じ楽譜で弾けるそうなんです!YouTubeにアップされた動画には、ウクレレでよく使われる「TAB(タブ)譜」という楽譜も付けてくださっています。
アレンジもステキですよ♡ぜひ聴いてみてください(≧▽≦)

 

引き続き、演奏動画を募集しております!

演奏している姿が見える動画であれば、URLを貼らせていただきます(><)

こちらまでご連絡ください。

 

尚、小学生用なので、ソプラノリコーダーで吹くことを想定して作っております。

運指は、多くの小学校で使われている「ジャーマン式」です。

運指表は家勉キッズさんから拝借し、編集させていただいております。

 

ソプラノリコーダーで吹けるように、曲の高さを変えてあるものもあります。

途中から♭や#が出てきますので、どちらかというと高学年向きです。
(前半だけでしたら、3年生でも使えます)

 

リコーダーの単元のときにみんなで進めてもいいと思いますし、途中までみんなで練習して、後半のレベルは個別に進める形でもいいと思います。

最後にそれぞれの楽譜をまとめたものも用意しておりますので、ご活用ください。

レベル1:明星チャルメラ

【使う音】
「ソ」「ラ」「シ」

 

【運指】
明星チャルメラの運指

 

【音源】

(音源は結構ゆっくりです。また、間の休みが長すぎる感じがありますので、テレビなどで聴いたまま吹いていただければと思います。きっちり書くと複雑になってくるので・・・)

 

 

お馴染み、

チャララ~ララ チャラララララ~

ですね。

(楽譜は明星商品 チャルメラ ブランドサイトを参考にさせていただいております)

 

ソプラノリコーダーで最初に教える音は「シ」かと思います。
左手の親指と人差し指を押さえた運指です。

そこから押さえる指を順に下に増やしていけば、「ラ」と「ソ」が吹けます。

このフレーズは、これらの3つの音で吹ける曲になります。

 

また、左手の親指と人差し指は、ずっと押さえたまま吹けます。
なので指が安定します。

指が順番に上がったり下りたりするだけなので、吹きやすいフレーズです。

レベル2:ガリガリ君

【使う音】
「ソ」「ラ」「シ」「(高い)ド」

 

【運指】
ガリガリ君の運指

 

【音源】

 

 

 

これもお馴染みかと思います。

レベル1のチャルメラで吹いた3つの音に、「ド」が新しく加わります。

 

「ド」は左手の1と3の指。
1と2の指がずっと付いていたチャルメラよりレベルアップ!

でも、1の指はずっと付けたまま吹くことができますので、リコーダーを安定して持つことができます。

レベル3:お値段以上ニトリ

【使う音】
「ファ」「ソ」「シ♭」

 

【運指】
お値段以上ニトリの運指

 

【音源】

 

 

このフレーズ、3年生の場合であれば、
「ファ」→「ソ」
「ソ」→「ラ」
「シ♭」→「ド」に変えて吹いてもいいかもしれません。

ただ、「ソ」「ラ」「ド」ですると左手がバタバタとして忙しかったので(しかもソ→ドを速くすると難しいかなと)、右手を使うという意味も込めて、あえて「ファ」「ソ」「シ♭」の3音でしています。

 

「シ♭」自体も、ファから左手の3の指をのけるだけなので、ファが分かればそんなに難しくはないです。
むしろ、「シ♭」を覚えるためにはこの「ファ」を覚えておくといいかな~と思います。

ちなみに、運指の楽譜では「ラ#」で書いてありますが、「シ♭」と同じ音です。

レベル4:すき家の牛丼

【使う音】
「レ」「ファ」「ソ」「シ♭」

 

【運指】
すき家の牛丼の運指

 

【音源】

 

 

だんだん右手も増やしていきます。
「ファ」だけでなく「レ」も使います。
「ファ、ソ、ファ、レ、ファ」までは右手だけ動かし、最後の「シ♭」のところで左手を動かします。

片手ずつ集中できるようにしておりますので、ゆっくり取り組めばできると思います。

レベル5:カルビーのポテトチップス

【使う音】
「ファ」「ソ」「シ♭」「(高い)ド」

 

【運指】
カルビーのポテトチップスの運指

 

【音源】

 

 

さてさて、少し難しくなってきました。

「ソ」から「シ♭」へいくところ、右手と左手が同時に動かないとちゃんと音が鳴りません。
その次の「シ♭」から「ド」への移行も、指を動かすタイミングが大事になってきます。
左手の中指が忙しいフレーズです。

 

このフレーズ、時代によってなのか歌い手によってなのか、
昔と音程が違う箇所があるのですが・・・

現在歌われている音に直しました。

 

なぜか?

 

その方が吹きやすいからです・・・でも私の記憶の中ではちょっと音が違うのです・・・

(最初にこの楽譜を作るとき、主人に「音、違うんじゃね?」と言われつつも、「私の記憶の中ではこうなのよ!」と昔の動画を引っ張って説得したのですが・・・すみません、やっぱ変えました!)

↑大した話ではないのでお気になさらず・・・

レベル6:アート引越センター

【使う音】
「レ」「ソ」「ラ」「シ」「(高い)ド」「(高い)レ」

 

【運指】
アート引越センターの運指

 

【音源】

 

 

次は高い音を増やしていきます。

高い「レ」を吹くときは左手の親指が外れますから、リコーダーを支えづらくなります。
口と右手の親指で支えなくてはなりません。

そのような、リコーダーの支えが不安定になりやすい曲を想定した練習です。

レベル7:ファミリーマートの入店音

【使う音】

「レ」「ソ」「ラ」「シ」「(高い)レ」

【運指】
ファミリーマートの入店音の運指

 

【音源】

 

 

これ、子どもたちに人気らしいです。
ファミマに行くたびに意識しちゃいますよね(笑)

このフレーズは、「アート引越センター」よりも使う音は少ないのですが、少し離れた音もパッと取れる練習ができるようにと意識しました。

離れた音を吹くということは、主に2本以上の指を同時に押したり離したりする必要がある、ということです。
色んな曲を吹いていくには、このテクニックも必要。

音源は少し速めなので、もっとゆっくり吹いて大丈夫です。

レベル8:呼び込み君

こちらの楽譜を、ナミ子さんがリコーダーで吹いてくださいました!!
ありがとうございます!!(ピアノ伴奏付き音源です!)

 

こちらの楽譜を、ソラシドさんがウクレレで弾いてくださいました!!
ありがとうございます!!(ウクレレ用のタブ譜付きです!)

【使う音】
「レ」「ミ」「ファ#」「ソ」「ラ」「シ」

 

【運指】
呼び込み君の運指

 

【音源】

 

 

使う音が多くなってきましたね。
「ファ#」を使いつつ、順次進行もあるものを・・・と探しました。

 

この曲、うちの近所のスーパーで流れてるんですけど・・・全国区なのかどうかは分からない!(笑)
ので、もしかしたらこれは知らない子もいるかもしれません。

私はこの楽譜を作るときに、題名を初めて知りましたね・・・。

 

右手が多く動く「レ」「ミ」「ファ#」あたりがポイントです。
まずはそれぞれの音がどの指なのかを確認し、「レ→ミ→ファ#→ミ→レ」が吹けるようになってから吹くと、指が良く動きます。

 

レベル9:この木なんの木

【使う音】
「ド」「レ」「ミ」「ファ#」「ソ」「ラ」「シ」「(高い)ド」「(高い)レ」「(高い)ミ」

 

【運指】
この木なんの木の運指

 

【音源】

 

 

下のドから高いミまでを使います。
高いミが出てきたということは、サミング(左手の親指で半分押さえる)が出てきます。
高いミは息使いが難しいですよね。勢い大事です。

それ以外の運指は、そこまで難しくないです。

レベル10:明治チョコレート

こちらの楽譜も、ソラシドさんがウクレレで弾いてくださいました!!
ありがとうございます!!(こちらもウクレレ用のタブ譜付きです!)

【使う音】
「ファ」「ファ#」「ソ」「ラ♭」「シ」「(高い)ド」「(高い)レ」

 

【運指】

 

【音源】

 

 

♪チョッコレート チョッコレート

でおなじみの、あの曲です。
冬になるとよく聞きますよね。

ここで初めて、「ラ♭」が出てきます。
2つある穴のうち、1つだけ抑える、という高度テクニック・・・!!

大人でもなかなか難しいです(^_^;)

 

更に、「ファ」と「ファ#」もあります。
歌うのは難しくないんですが・・・リコーダーで吹くと複雑な感じになります。

この曲も、「ファ→ソ→ラ♭→ソ→ファ」を練習してから吹くと吹きやすいです。

おまけ1:Lemon

 

【楽譜】

 

【使う音】
「ド」「レ」「ミ」「ファ」「ファ#」「ソ」「ソ#」「ラ」「シ」「(高い)ド」「(高い)レ」「(高い)ミ」

 

【運指】
Lemonの運指

 

【音源】

 

このリコーダー曲集は、数年前に作ったので、その頃子どもたちの間で流行ってたのは「Lemon」でした。

なので、「Lemon」の楽譜も作ったのですが…

これ、サビはソプラノリコーダーじゃ音が足りなくて(^^;)

理論的には吹けないわけじゃなさそうですが、音、出ない(´;ω;`)となり、Aメロのみです(笑)

今まで出てきた音で吹けます。
(「ソ#」は「ラ♭」と同じ音になります)

おまけ2:紅蓮華

【使う音】
「レ」「ミ」「ソ」「ラ」「シ」「(高い)ド」「(高い)レ」「(高い)ファ#」「(高い)ソ」
【運指】
紅蓮華の運指
【音源】

 

はい、こちらも子どもたち、よく知ってますよね。

ピアノとかの楽譜でもほとんど同じなのですが、この紅蓮華って結構音域が広いので、そのままでは吹けない音があります。

少しソプラノリコーダー用にアレンジしてあります。

 

「高いソ」は「ソ」の指と同じで、親指をサミングにするだけなのですが、「高いファ#」は少し「ファ#」と運指が違うので注意が必要です。

何度も言うようですが、高い音は、息遣いが大事。

息を速く送り込むことがポイントになります。

まとめてダウンロード!

ということで、小学校で使えるリコーダー集、レベル別でご紹介してきました。

 

最後に、「1曲ずつダウンロードはめんどくさいな~」と私自身も思ったので、一括でダウンロードできるようにしました(*^^*)

(できなければご連絡いただけると幸いです)

 

本当は…楽譜に運指と合格シールを貼る欄も作ろうかと思ってたのですが…力尽きました…すみません_| ̄|○ il||li

(リクエストがあればやる気になるかもです(笑))

 

そうだ!
是非、先生も一度吹いてみてくださいね(*^^*)

詰まりやすいポイントが分かると、指導もしやすいですよ♪

 

何かご質問やご要望がございましたら、いつでもこちらこちらにご連絡ください(^^♪

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

ブログランキングに参加しています(^^)
ポチっとしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

Twitterでフォローしよう