【イチオシ演奏4選】ショパンコンクール二次予選3日目

ショパンコンクールの二次予選、3日目が終わりました。

とうとう、日本時間で今晩、二次予選最後の1日が始まります。

 

レベルが高いと言われる、今回のショパンコンクール。

通例40名くらい通過される二次予選ですが、今回は45名。

全員聞きたいところですが、なかなか時間的にもそうはいかないのが現実です。

 

そこで、昨日こちらの記事を書いたのですが、

今日はその続き。

 

やまもりのくまが
ショパンコンクール二次予選3日目の演奏から、
初めの方を聴いて

「続き聴きたい!!」

となった4名をご紹介します。

 

※しつこいようですが、超絶個人的な感想です。

AVERY GAGLIANO さん

思わず振り向きました。

舞台に立ったとき(弾く前)のオーラがすでにすごい。

こんな演奏したい。
憧れです。

 

MICHELLE CANDOTTI さん

一言で言うと、パワフル。

でも、聴いていて心地いい。

力の強い演奏は、硬い音が多く
聴いていて苦しくなることがありますが、
この方の音はとても気持ちが良いんです。

私は好き。

 

KAI-MIN CHANGさん

一番最初の、一番緊張する出だしの場面。

ピアノから出てきた音が、とても心地よかったです。

芯があり、優しさもあるような、そんな音でした。

XUEHONG CHEN さん

このページで紹介している後半お3方は
続けての演奏だったのですが、

もう演奏が始まるたびに
ため息をついてしまうような、うっとりとした感じでした。

この方は、心地いい音に加えて、包容力を感じました。

ああ~すごっ。


 

いうことで、個人的にタイプの演奏を聴かせていただいた4名をご紹介させていただきました。

私がご紹介させていただいた方達が、二次予選の通過者でも正解でもありませんが、
こうやって自分の「好き」を見つけるのは楽しいです(^^)

 

あなたも是非お気に入りの演奏を見つけてみてください♪

 

ブログランキングに参加しています(^^)
ポチっとしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

Twitterでフォローしよう